RETSUDAN SENSEIの感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【読書感想文】 伊坂幸太郎/チルドレン 【2007年刊行】

 とてもよかった。読者をひたすら楽しませるという、エンターテイメント作品としてよくできている。
 伊坂幸太郎氏作品はアヒルと鴨のコインロッカー、仙台ぐらし、ゴールデンスランバー、PKと読んできたが、期待を裏切らない手堅い作り。

 かなり面倒臭そうなひねくれた考え方を持つ陣内という男をメインとし、その周りで起こる少し不思議な日常を描いた連作短編集。

 一本ずつ感想を述べようと思ったが、一応ミステリなので細かくやるとネタバレになる可能性があるし、エンターテイメントなので純文学的な細かい文章や心理描写、情景描写を楽しむというものでもないし、白けてしまうのでやめておこう。

 文章に一言述べるとすれば、やたらと読点が多い。読む時は読点を意識して読むわけだが、多すぎて鬱陶しいので読点を無視して読んだ。ほとんど削除しても問題はないと思う。
 あとは、気取った文章が鼻につく。
 読んでいると落ちがある程度分かってしまうので、早く先の展開が読みたいのに読点が多く気取っているのでもったいないなと思った。

 いろいろと述べたが、ストーリーとその他諸々やキャラクター設定には申し分なく、前述した通りエンターテイメント作品としてとても楽しめる一作となっている。