読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RETSUDAN SENSEIの感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【漫画感想文】 十二月分

小沢としお/Gメン 三巻
 濃い話題がてんこ盛りな一冊だった。馬鹿ヤンキーモノだと思わせておいて、なかなか中身がしっかりしている。

仲間りょう/磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 一巻
 浮世絵ギャグ漫画という新たなジャンル。爆笑することはないが、ほんのり面白くてついつい読んでしまう。

仲間りょう/磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 二巻
 磯兵衛の世界が広がっていってる。しかし、この設定でどこまで広がるのか心配。ギャグは冴えてる。

島袋光年/トリコ 三十二巻
 燃える展開だった! トリコは馬王を足止めし、小松やココ、サニー、ゼブラ、ブランチその他で力を合わせてエアを調理する。

島袋光年/トリコ 三十三巻
 鉄平により重症になった小松を救うため、トリコ一行はエリア7に行く。植物が大きくて、捕獲レベルも高いのばかり。

島袋光年/トリコ 三十四巻
 猿王強いな。向こうは遊んでいるだけなのに、それだけで普通にボコボコにされる一行。修行の成果はどうだろうか?

島袋光年/トリコ 三十五巻
 猿王とのお遊びは、実はダンスだった。カカさんは一体どういうことなのだろう。

岸本斉史NARUTO 一巻
 面白い面白いと聞いて、ようやく読んだ。いや、面白いわ。安心して読める。

岸本斉史NARUTO 二巻
 だんだん絵がすっきりしてきた。同時に白くもなってきた。仕方がないことなんだけれど、説明が多いなぁ。

岸本斉史NARUTO 三巻
 友情、努力、勝利。ジャンプ漫画だねぇ。白と再不斬強い。しかしサスケも強い。そしてナルトが!

岸本斉史NARUTO 四巻
 それぞれがそれぞれの忍びというものを背負ってるんだなあ。悲しい。そして中忍試験! 我愛羅出てきた! 愛! やっぱ格好いいなぁ!

岸本斉史NARUTO 五巻
 中忍試験、面白い。そしてヒナタ可愛い! と思いきや、みたらしアンコ、素敵!

岸本斉史NARUTO 六巻
 強敵出現に、ナルトとサスケの意識がなくなり、サクラちゃんだけが頑張る。終盤はなかなかアツい展開。

岸本斉史NARUTO 七巻
 大蛇丸って一体何者なんだろう。ナルトは、やる時はやるという、少年漫画の主人公の王道を行っているね。

岸本斉史NARUTO 八巻
 カブトのことはまた先になにかありそう。サクラといののバトルがいいね。過去にいろいろあるぶん。

岸本斉史NARUTO 九巻
 ナルトの成長、ネジとヒナタのバトル。熱い!

岸本斉史NARUTO 十巻
 リーと我愛羅とバトル、熱かった。努力の天才……。そして、一ヶ月後に行われるトーナメントへ向けて、ナルトの修行が始まる!

岸本斉史NARUTO 十一巻
 自来也登場、ナルト成長、そして最後の試験。 盛り上がる展開。

岸本斉史NARUTO 十ニ巻
 バトル二連戦で読み応えばっちり。 ドラゴンボールやハンター的な、とても見やすく動きがスムースに流れる絵とコマ送り。

岸本斉史NARUTO 十三巻
 ついに物語が動き出した。 やっとか、という感じがしないでもない。ナルトとサクラはサスケを追って。

岸本斉史NARUTO 十四巻
 ナルトが全然出てこない。 大蛇丸と三代目の闘いはどうなることやら。 うーん、我愛羅、見た目も能力も完全に鉄雄だな。

荒川弘田中芳樹アルスラーン戦記 一巻
 いやいやあ、面白いなぁ。絵がすっきりしているので見やすいし、テンポがいいから引き込まれる。原作も読んでみたい。

荒川弘田中芳樹アルスラーン戦記 二巻
 仲間も増え、盛り上がってまいりました。ルシタニアの宗教は、万人は平等であるという教えだが、じゃあなぜ王室があるのだろうか。

荒川弘田中芳樹アルスラーン戦記 三巻
 これからの展開がかなり気になる。奴の正体もわかった。しかし様々な謎が散りばめられている。気になる。気になって仕方がない。原作も買って読んでみることにする。

荒川弘田中芳樹アルスラーン戦記 四巻
 アルスラーン殿下一行は、武力も高いし知力も高い人ばかり。殿下は王のような立場に向いていなさそうな性格で。
 しかし、ホディールの話はちょっとスカッとしたな。奴隷の話は、開放を望まない場合もあるということで、成る程なぁと。

小畑健大場つぐみプラチナエンド 一巻
 このコンビはDEATH NOTE以来。設定が面白いし続きが気になる。テンポもいい。

古谷実シガテラ 一巻
 いつもの古谷実氏節という感じで。当時は連載を毎週毎週楽しみにしてたなぁ。

古谷実シガテラ 二巻
 若者の恋愛を入れつつ、バイオレンスが始まるという、いつもの古谷実氏節。
 そして繁殖期のおぎぼーの部屋に、南雲さんが!

古谷実シガテラ 三巻
 淡々と描く日常と非日常がとてもいい。古谷実氏は大きなイベントでもあっさり終わらせる。しかしそれが現実的でとてもいい。

古谷実シガテラ 四巻
 あら、南雲さんが色々と……。シガテラは他のに比べてギャグが多いね。

古谷実シガテラ 五巻
 「コンドームを買っときな……二ダースほど」「僕の愛が伝わらないぜ。無理もないぜ。愛の倍迷惑かけてるぜ!」
 うーむ、おぎぼーの性格のせいで、せっかくハッピーになれたのに谷脇から逃れられないね。

古谷実シガテラ 六巻 完結
 結局シガテラ毒はおぎぼーだったということで。しかしそれを乗り越えて、ちゃんとした大人になった。
 ラスト最高だね。実際、こんなもんだよね。死ぬほど好きな女性がいても、またすぐに死ぬほど好きな女性が現れる。
 村岡さんの話は、自作がサブカルサブカルと言われるので、サブカル批判をしてみたのかな。

青野春秋/100万円の女たち 一巻
 この作者は初めて読む。設定が斬新で面白い。これからどうなるのか? 期待。

福本伸行他/中間管理職トネガワ 一巻
 絵も雰囲気も、完全にコピーしている。しかし、あくまでもスピン・オフなので、本編を知っていないと笑えないと思う。

小田原ドラゴン/ロボニートみつお 二巻
 安定の面白さ。人間になったボボのエピソードは切ないねぇ。

ツジトモ綱本将也GIANT KILLING 八巻
 アツい展開。二点リードされたETU。夏木の悩み。そしてラスト。

ツジトモ綱本将也GIANT KILLING 九巻
 かなり熱い展開。チームの成長とともに、メンバーも成長している。

ツジトモ綱本将也GIANT KILLING 十巻
 村越と王子が出場できない。ベテラン勢メインで椿がキャプテン、どうなるか。 サッカーの面白さが伝わるいい漫画。

漫☆画太郎/世にも奇妙な漫☆画太郎 二巻
 タイトル通りの奇妙な話、怖い話、いつものパターンと、様々な漫☆画太郎氏を味わえる一冊。

漫☆画太郎/マンカス
 どれもこれも最高に面白かった。けつだいらまんとまいうーが好き。