読書感想ブログ

感想文をバシバシガシガシ書きます。

読書感想文 2019年1月分

堀江貴文/刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話 2019/01/04

 前作とは違い書けないことがなくなったので、内容もバラエティに富んでいてとても面白かった。
 刑務所の中とはもっと厳しいのかと思っていたが、雑談できたり映画や朝ドラが観れたりと、そこまで悪くない。
 ただ著者も言っている通り、人間関係が大変だなと。最後の対談も面白かった。満足です。


村田沙耶香/きれいなシワの作り方~淑女の思春期病 2019/01/04

 アラサー女子は大変だなぁ。とても笑わせてもらったけど、「あーわかるわー」なところもあって。
 アラサー女子あるあるがどんどん病的な方向に進んでいくのは読んでいてとても面白かった。


前川祐/クリーピー 2019/01/06

 気味の悪い隣人とのやり取りは恐ろしくて実にクリーピーだった。深夜の訪問のところを夜読んでいたんだが、実際に家のチェーンをつけに行くほど怖かった。
 そこから、「えぇ!?」「おぉ!?」と驚きの展開。ラストはまさかこうなるかと。続編すぐにポチります。


爆笑問題爆笑問題戦争論爆笑問題の日本史原論 2019/01/07

 これはいい本。漫才形式で日本の戦争がわかる。
 日清日露は笑いながら読めるが、さすがに太平洋戦争は笑えないね。日本がしたこと、日本がされたこと。


唐澤貴洋/炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか 2019/01/07

 なぜ自分がここまで炎上したかについて考えてない。テレビの台本を無視したことを誇らしげに書いているが、それって大人としてどうなの。
 自分がすべて正しい、自分は間違ってないと延々書かれているが、子どもじゃないんだから。
 弟が不良に追い詰められて自殺した話では、気づかなかった親を擁護して、自身が殺害予告された高校生の親は批判する。
 高校を辞めたのも、家にそれだけの余裕があっただけの話。温室育ちの金持ちのバカ息子の人生を読まされてもつまらない。まあ書いた本人が気持ちよければいいのかな。読む価値なし。


森達也/「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい 2019/01/10

 一気に読んだ。とてもいい本だ。読めば、氏が非国民でも反日でもお花畑でも朝鮮の手先でもないことがわかるだろう。
 氏によくないイメージを抱いている人にこそ読んでもらいたい。
 知らないままでいたほうが幸せだったと思うようなことも書いてある。読み終えて、日本のことがより好きになった。この国に生まれてよかったと思えた。


高橋源一郎文学じゃないかもしれない症候群 2019/01/12

 紹介された本のいくつかはメモしておいた。やっぱり源ちゃんの文芸時評は面白いね。
 今読んでもよくわかんないものもあったが、まあ1991年のものですから。


横溝正史/獄門島 2019/01/1

 五分の一ほどの舞台設定が過ぎれば、あとはあっという間に最後まで。
 気持ちが沈むね。出てくる人たちみんな不憫で仕方ない。罪を暴かねばならない金田一耕助も不憫だ。
 気ちがいじゃが仕方ない。今の時代では使えないな。種明かしされたときは興奮した。素晴らしい!


星野陽平/増補新版 芸能人はなぜ干されるのか 2019/01/13

 半分読んだ。この人見かけなくなったけど干されてたのか、と驚いた。 レコード大賞の話はとても面白かった。 芸能界は怖いね。