れつだん先生メンバーの感想ブログ

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【読書感想文】 東野圭吾/予知夢 【2003年刊行】

【概要】

 言わずと知れたガリレオ・シリーズの第二弾。

 第一章・夢想る(ゆめみる)
 第二章・霊視る(みえる)
 第三章・騒霊ぐ(さわぐ)
 第四章・絞殺る(しめる)
 第五章・予知る(しる)

 の五編の短編が収められています。


【感想】

 僕がこのシリーズにはまったのは、僕がミステリ初心者だからなのかもしれないと思った。というのも、この歳になるまでミステリと時代小説と歴史小説を意識的に避けていたので、新鮮さもあるのかもしれない。
 ただ単に人が死んで解決するというわけではない、ということがわかった。

 ミステリを避けていた理由は、子どもの頃に読んでいた金田一少年の事件簿でトリックも犯人もさっぱり推理できずに懸賞に出せなかったから。「推理を楽しめないならこういう系は全然楽しめないものなのだ」と子どもながらに考えてしまって、じゃあいいや、と。
 それから何年も経ってから、ゲームのかまいたちの夜に寝食を忘れるほどはまり込んで少し考えを改め、ごくたまにちょくちょく読んでいた。そしてこの歳になってミステリにはまり込む。きっかけはこのブログにもある、歌野晶午氏の葉桜の季節に君を想うということを読んで。

 本の感想になっていないことに気づいたので述べておくと、一冊目より人間ドラマが強くなった気がした。だから登場人物の哀愁が感じられてとてもよかった。


f:id:retsudansensei:20180218132259j:plain