感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【読書感想文】 黒田晶/メイド イン ジャパン 【2001年刊行】【文藝賞受賞作品】

 この本を読むのは、刊行された十五年前、高校のクラス・メイトで仲の良かった男が、「すごい小説を見つけたぞ」と興奮して貸してくれて読んで以来だった。

 中高生の男というのは大体においてグロテスクなものが好きだ。ゴア描写が好きだ。それは映画でも漫画でも小説でも関係がない。ロメロ監督のゾンビやフーパー監督の悪魔のいけにえなんて何十回観たかわからない。

 でも僕はそれ自体を「面白い」と思いながら、ゴア描写は手で隠してしまうような小心者だった。二十歳を超えて当時の彼女と観たバタリアン・リターンズでタール・マンの背骨的なものが気持ち悪くてトイレで吐いたり、ソウ3の冒頭の頭蓋骨の手術のシーンなんて一切観られなかったし、白石晃士監督のグロテスクって映画なんて冒頭で観るのやめたし、イラクで捕まった男性の処刑動画を友人と一緒に「なんとなく」観た時も、数ヶ月間は気持ちが陰鬱になった。

 ゲームでも、一般人を殺せるグランド・セフト・オートなんかより、人の首をスコップでふっ飛ばしたりガソリンをかけて苦しみながら燃えていく人に小便をかけたりできるポスタル2なんかが「リアル」だと思っていた。でも実際は、気持ちが陰鬱になっていた。

 動物虐待とか幼児虐待なんかも吐き気がするし、行き過ぎたゴア・シーンなんて観れたもんじゃない。でもそういう本音を言うと馬鹿にされてしまうような中高生時代を送った。


 と、前置きが長くなったが、まあこの小説は、帰国子女でマイノリティな子どもたちがラリってスナッフ・ビデオを観る。子どもが無残に殺されて犯される。で、興奮しちゃったタカシがそのうちの一人の気弱なシンを殺しちゃう。ただそれだけ。文章だってそんな上手くもないし、誰がなにやってなに言ってるかわからなくなる時もある。

 でもセンスが溢れている。英語を効果的に入れて結構勢いのままに突き進むので、「文章を読んでいる」というよりも「そういう動画を観ている」と錯覚させられる。


 とまぁ褒めたが、そこまでの衝撃はなかったかな。殺人シーン、解体シーンもあっさりと書いちゃって、ねちねちぐちゃぐちゃ感がない。もっと徹底的に観て感じたかった。人が死んでいく様を。

f:id:retsudansensei:20171028130729j:plain