感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【読書感想文】石田衣良/池袋ウエストゲートパークⅩⅢ 裏切りのホワイトカード 【2017年刊行】

 新刊が待ち遠しい一作をようやく読んだ。
 四編からなる短編集。
 展開がスムースすぎて物足りない感はあったが、文章・構成共に素晴らしく、とても楽しんで読めた。


滝野川炎上ドライバー

 礼儀正しく、いい人の見本のような配送員ジュンジの息子トオルが、真冬にも関わらずTシャツ姿で真島フルーツ店の前で立っていた。マコトと母がトオルを介抱すると、腕に縦三本のミミズ腫れがあるのを発見する。虐待を疑う母は、マコトに調べるよう指示する。

 簡潔で気持ちのいい文章は相変わらず。でもなんだか展開が駆け足のような気がした。炎上のところや虐待のところなんてもう少しじっくり描いてもよかったのでは、と思った。


上池袋ドラッグマザー

 ゲリラ豪雨に襲われた池袋。フルーツ店の前でずぶ濡れになった女子中学生マイを発見する。マイは二週間昼食を我慢して得た四千円で、マコトに仕事を依頼する。「母親が別人になってしまったので調べて欲しい」と。

 女を薬漬けにして金を得る男を成敗する話。久しぶりに吉岡が出てきた。今回もなんだか展開が駆け足のような気がした。


東池袋スピリチュアル

 デニーズで生活している、スキンヘッドの頭にインプラントを埋め込んだ凄腕ハッカー、ゼロワンから呼び出しを食らう。夢で見たものを調査して欲しいと。

 僕が数年住んでいた大塚駅が出てきたのがなんだか嬉しかった。村上春樹も小ネタとして出てくるのでにやりとした。霊感商法を批判しつつ、本物を出してくるのが上手い。タカシも出てきます。


裏切りのホワイトカード

 店番をしていたマコトの元に、タカシから電話がある。「誰にでもできる仕事で、ギャラは十万。二千人から三千人の人員を募集するという話がきたのでそれを調べろ」と。
 同時期に、柔道かレスリングの経験がある屈強なスーツ男に呼び出され、年間売上が一兆六千億を超える製薬会社の理事ミオンと会う。「家から出てブラックボードという裏サイトを運営している弟を探して欲しい」と。

 タイトル作。シンジとミチカの話は感動したし、二つの話がラストへ向けて収束していく流れがとても楽しかった。池袋シリーズのよさが存分に出た一作だった。