感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【読書感想文】 元少年A/絶歌 【2015年刊行】

 神戸連続児童殺傷事件、通称酒鬼薔薇聖斗事件を起こした元少年Aの手記。僕は兵庫県出身で、この事件が起きた時は十歳前後だった。事件が起きて犯人が捕まった後も学校も地域もかなりピリピリしていて、集団での登下校の際、父兄ががっちりとついていたことを覚えている。

 そういえば、冤罪説も騒がれていた。

 これまでずっと沈黙していた犯人が書いた手記とあって、言い方は悪いが、かなり期待して読んだ。そして、その期待は百パーセント裏切られることとなった。


【問題点】
・第一部と第二部の文章に、あまりにも差がありすぎる。

 第一部は、事件を起こして逮捕され医療少年院での暮らしが書いてある。殺人シーンが気持ち悪い。ハセ君の首を切断して校門に飾るところなんて、「月光の愛液」だの「蠢動」だの「游ぐ」だの「下界の処女膜」だの、「雨は空の舌となって大地を舐めた。僕は上を向いて舌を突き出し、空と深く接吻した」だの、「打擲した」だの、「寂寥の谷」だの、「雑駁な欲望の廃棄場」だの、殺人シーンを芸術にしたいのだろうという気持ちがとても伝わってきた。


・本名を晒さず、元少年Aという名前で出版したこと

 自分の思いや歩んできた道を文章にしたい、そうしないと精神が崩壊してしまう。だから被害者の家族に無断で出版したことを許してくれ。無機質で生きることをなんとも思わず、挙げ句の果てに二人の命を奪った自分が、生きることの素晴らしさに気づいた。
 小説を書いたり、クリエイティヴなことをしたい。

 と書いてあるが、元少年Aという筆名である限り、自分は守られた安全な世界でのうのうと生きていることは放棄しないが、自分の思いや自分が歩んできた道を文章にしたいなんて、ただのマスターベーションでしかない。


・第二部の治療後の生活に反省が感じられない

 「罪の意識に苛まされて暮らすの大変! 誰かに守ってもらうの嫌だから自立する! でも就活厳しい! やっと仕事に就いても理不尽なことばかり! 人と仲良くなるの嫌だから職場でもコミニュケーションしないから嫌われる! 両親や兄弟ごめんなさい! あの二つの事件思い出すと吐きそうになる! 辛い! 毎年遺族に手紙送ってたら、徐々に許して貰えてる!」

 ふざけるなと思ってしまう。


【よかった点】
 元少年Aの家族の思いには涙が出た。「なにがあっても、お前は俺の子だ」、「Aが兄でよかったと思っている」など、元少年Aの視点から見ても涙してしまうし、親や兄弟からの視点から見ても涙してしまう。治療が終わった後、家族でまた暮らさないかと言われたことに元少年Aが反対した理由にも涙してしまう。が、問題点にも書いた通り、元少年Aは心の底から反省しているわけではない、ということが露呈してしまっているので、そういった家族からの温かい言葉も、元少年Aにはなんの意味もなさなかったように思えた。