RETSUDAN SENSEIの感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【読書感想文】 漫画 二〇一七年 三月分

田中芳樹荒川弘アルスラーン戦記 六巻
 盛り上がりが半端ないな。これから一体どうなるんだろう……!

岸本斉史/ナルト 二十二巻
 ネジ対鬼童丸。ナルトの行動や発言が、様々な人に影響を与えているんだな。

岸本斉史/ナルト 二十三巻
 シカマルとキバ&赤丸が頑張ってる。

岸本斉史/ナルト 二十四巻
 おぉ、まさかまさかの展開。面白くなってきたね。

岸本斉史/ナルト 二十五巻
 ほとんどサスケのイタチの過去話。そしてナルト対サスケが始まる。

岸本斉史/ナルト 二十六巻
 サスケ奪還編終了ということで。ダブル主人公はいいね。お互いの気持ちがよくわかる。 シカマルとリーの二人が一番好き。

岸本斉史/ナルト 二十七巻
 第一部完ということで。 外伝のカカシ先生の過去話は辛い。

岸本斉史/ナルト 二十八巻
 いやあナルトもサクラちゃんも成長したなぁ。 そして我愛羅がまさかの。 ラストに燃えた。

岸本斉史/ナルト 二十九巻
 我愛羅奪還できるのか……? なるほど、これが人柱力というのか。

岸本斉史/ナルト 三十巻
 サクラちゃん、チヨバアVS傀儡使いサソリ。 強敵だな。

岸本斉史/ナルト 三十一巻
 サソリ強いなぁ。しかしナルトとサクラちゃんも以前とは比べものにならないほど強くなっている。

岸本斉史/ナルト 三十二巻
  新たなメンバーと隊を組み、サスケ奪還へ。仲間の一人サイには感情がないという。

岸本斉史/ナルト 三十三巻
 ほぼほぼナルトの暴走。そしてサイはどうしたいんだ? 続きがかなり気になるところで終わった。

岸本斉史/ナルト 三十四巻
 サイの話がメインだったな。つながりというメイン・テーマを深めた一冊。

岸本斉史/ナルト 三十五巻
 多重影分身での修行と暁の抹殺。

岸本斉史/ナルト 三十六巻
 暁の目的が判明。そして一人の命が……。

岸本斉史/ナルト 三十七巻
 バトルな一巻だった。やはりシカマルはキャラが立ってるな。

岸本斉史/ナルト 三十八巻
 まさかの展開だな。これからどうなるか期待。

岸本斉史/ナルト 三十九巻
 ナルトよりもイタチの話がメインになってきたな。戦闘もあるが、正直地味。

岸本斉史/ナルト 四十巻
 エロ仙人活躍の巻。サスケとイタチ。

岸本斉史/ナルト 四十一巻
 エロ仙人こと自来也とペインのバトル。過去に深い関係があった。

岸本斉史/ナルト 四十二巻
 壮大な兄弟喧嘩。イタチの行動の理由が判明し、すっきりした。

出水カイウ・山本ヤマト終わりのセラフ 五巻
 柊家という新たな設定により、物語が深みを増した。とても面白い。

出水カイウ・山本ヤマト終わりのセラフ 六巻
 ストーリーに無駄がなく、一巻ごとに新たな発見があり、先がとても気になる。 名古屋決戦はどうなるのか。

出水カイウ・山本ヤマト終わりのセラフ 七巻
 新キャラが出てきて、お遊びでない本格的な戦争が始まりました。

出水カイウ・山本ヤマト終わりのセラフ 八巻
 うん、敵がとんでもなく強いね。どういう決着がつくのか楽しみ。

瀬口忍/囚人リク 二巻
 少年漫画的展開でニヤニヤしてしまう。そしてどうも危険な展開。どうなるのか?

瀬口忍/囚人リク 三巻
 イチロクとニーナナの争い……ではなく、イチロクによる一方的なリンチ。ボスの椿とリクがやり合うが……。 面白すぎ。

渡辺航弱虫ペダル 一巻
 スピード感があって面白い。 今泉君との勝負はどうなる!?

ツジトモGIANT KILLING 十三巻
 ETUと東京Vの試合熱かった。サポーターのゴタゴタがようやく出てきた感じで、試合とは別の面白さがある。 そして、オールスター。

ツジトモGIANT KILLING 十四巻
 石浜移籍問題が終わって、達海の選手時代の話が続く。もともとどのような選手だったのか気になっていたので楽しみ。

ツジトモGIANT KILLING 十五巻
 達海が追い込まれてるなぁ……。やばいんじゃないか。

花沢健吾アイアムアヒーロー 八巻
 ひたすら撃つ、女子高生を運ぶ。終わり。

花沢健吾アイアムアヒーロー 九巻
 ZQN被害は日本だけではなかった、病院は閉鎖、お土産屋で食料確保。以上、それだけ。

リチャード・ウー・コウノコウジクロコーチ 五巻
 物語がどんどん加速していくな。越後検事の奥様はさすが。桐谷秀人は誰なんだ、いったい。

福本伸行/アカギ ―闇に降り立った天才 四巻
 ニセアカギ登場。どちらかがトップになるまで掛け金が倍々になる麻雀。自分なら絶対にやらない。

福本伸行/アカギ ―闇に降り立った天才 五巻
 アカギVS浦部。アカギはやはり神がかっている。北の件は鳥肌が走った。

福本伸行他/中間管理録トネガワ 四巻
 影武者には笑った。福本先生によるトネガワ、なんか絵に違和感が。

坂本眞一イノサン 八巻
 シャルルの話ではなく、マリーの話になってきたな、と。ルイはアントワネットを抱かず。 シャルルはもう父親になって成長しきったから、マリーをメインにしようということかな。