RETSUDAN SENSEIの感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【映画感想文】【洋画】 ウェス・クレイヴン/スクリーム2

【あらすじ】
 前作の連続殺人事件から2年後、大学生となったシドニーは恋人のデレクと共に大学生活を満喫していた。事件は生存者の一人であるゲイルの手によってまとめられ、ベストセラーを経て「スタブ」(Stab、突き刺すの意味)というタイトルで映画化される。その試写会の日、シドニーと同じ大学のモーリーンとフィルが何者かに惨殺されてしまう。
 事件の続きか模倣犯か、人々の脳裏に蘇るウッズボロー連続殺人事件。だが警察の努力も空しく容疑者は浮かんでこない。そのまま数日が過ぎたところで再び事件が起きる。大学の合同パーティーの最中にオメガベータ館で一人留守番で残っていたシーシー(ケーシー)が惨殺されたのだ。事件を知ったシドニーの元に電話がかかる。「やあシドニー。俺を覚えてるか?」

【感想】
 前作は、スプラッター映画のお決まりのパターンで殺されたり、その裏をかいて殺されたりした。電話口で好きなホラー映画はなに? と訊くシーンは有名で。

 続編にもそのパターンはあって、なおかつ今回は、スプラッター映画のお決まりから犯人を割り出そうとしていた。そこが面白かった。

 そしてなにより、主人公のシドニー役のネーブ・キャンベルを食ってしまうほどの完璧の美女であるゲイル役のコートニー・コックスの美しさがすごい。

 驚きのパターンもあって楽しめたが、続編映画のお決まりで、1は超えられなかったかな。というわけで、明日は3、その後は4を観る。


【よい点】
コートニー・コックスの美しさ。
・笑いながら展開を楽しめる。
・デューイのお間抜け。

【悪い点】
コートニー・コックスばかりが気になってしまう。
・怖くない。
・普通のホラーだなという感じが。