第七レツダンの第七ブログ

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【映画感想文】【洋画】 デヴィッド・ザッカー/最'狂'絶叫計画 【2004年公開】

 シリーズ第三弾。

 ザ・リング、サイン、8 Mileのパロディがベースで、そこにマトリックスロード・オブ・ザ・リングが挟まってくる感じ。

 中盤まではげらげら笑えたんだけれど、監督が変わった影響で下ネタ系がほとんど消えてしまい、結構真面目な内容の映画になったという感じで、物足りなさはすごくある。しかしWikipediaによると一作目二作目より興行収入は上がっているようなので、一般的にはこちらのほうが評価されているのかな。

 当然のことながらパロディ映画なので、元ネタを知っていないとまったく面白くない。僕はロード・オブ・ザ・リングを観ていないので、パロディがあったことすらわからなかった。

 手堅く作ったせいで、ぶっ飛んだ馬鹿馬鹿しさが消えたのは残念だな。

 スタッフ・ロールもちゃんと観たほうがいい。エンディング曲が笑える。


【相変わらずアンナ・ファリス可愛すぎ度】                  ★★★★★
【サイモン・レックスはいい俳優なのにあまり活躍していないのが残念だな度】  ★★★★★
【ていうか二作目観ずに三作目観たせいで分かりづらかったのかと今気づいた度】 ★★★★★

【総合                                   ★★★☆☆