感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【映画感想文】【洋画】 リチャード・マーカンド/スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 【1983年公開】

 素晴らしい三部作完結作だった。

 ルークがジェダイの騎士になる成長譚、ハン・ソロレイア姫の恋模様、R2-D2C-3POの漫才のようなやりとり、そしてなにより、ダース・ベイダー卿とルークの関係性。

 エピソード5より、ドンパチのシーンが増えている。映像がもうどんどん進化していって、より一層物語に深みを増し、物語へ没入できる作りになっている。

 序盤のジャバ王に囚われたレイア姫の、露出度の高すぎるビキニ・アーマー姿にとても色気を感じた。

 ルークは物語の主人公であり、ジェダイの騎士になったわけだが、一人でなんでも解決するアメリカ的なヒーローではない。だから様々な人や人種に助けられ、最後の試練へ向かってゆく。

 熊みたいなイウォーク族と帝国軍の戦闘シーンが見もの。イウォーク族はとても原始的な戦いで、帝国軍を蹴散らしてゆく。その時に出てきた二足歩行ロボットのレーザーの効果音が素晴らしい。

「ピヨン、ピヨーン、ペペオーン、ペペオーン、ドンピュー」
 文字にすると阿呆みたいだが、映像と音で観ると、爽快感があってとてもよい。
 宙に浮くバイクも乗ってみたい。

 映像が素晴らしい。何度も言うようだが、本当に素晴らしい。特に最後の、様々な人々が集い喜ぶシーンなんて、どうやって撮影したのか?

 喜劇であり悲劇であるこの物語は、単なるSF映画という括りには収まらない、とてもとても深い物語だと思った。

 次はエピソード1を観ます。


【文句のないトリロジーさに驚いた度】    ★★★★★
【どんどんレイア姫が可愛くなっていく度】  ★★★★★
【正史以外の作品もどんどん観ていきたい度】 ★★★★★

【総合】             文句なし ★★★★★