読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RETSUDAN SENSEIの感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【映画感想文】【洋画】 アーヴィン・カーシュナー/スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 【1980年公開】

 すごい!

 バイ

 めちゃくちゃ面白い!

 完全に前作を超えてきた。もう映像が美しい。今からもう三十七年前で、僕が生まれる六年前の作品。それなのに映像がまったく古臭くない。というのもまあ、九十年代後半に、特別篇として手入れを施されたから、綺麗だという話で。
 確かに、すべての映像がすべて素晴らしいというわけではない。あ、作り物感があるなというシーンは、数カ所あった。それでも数カ所だ。こんなにも昔の作品なのに、数カ所以外作り物感がしないというのは、もはやわけがわからない。

 ストーリーの流れからして、宇宙を舞台にビュンビュン・パンパンという派手さはないし、ドガーン・ボゴーンな見せ場は冒頭ぐらいだろう。
 ルーク・スカイウォーカージェダイ・マスターであるヨーダの教えの元、フォースを手にするという、成長物語。そこにハン・ソロレイア姫のあれこれがあったり、C3-POとR2-D2のやりとりがあったり。
 そう考えると、前作ほどの派手さはないのにもかかわらず、ストーリーが重厚で濃厚で、目を離せない作りになっている。
 これからどうなるのか、の連続。時間も二時間弱なので、とても観やすい。

 僕もライト・セーバーを手にし、フォースを感じたくなる。本当にもう、少年心を刺激する作品。冒頭に出てくる四足が格好いい!

 エンターテイメント作品としてはもうなにも言うことがない、パーフェクトな作りだと思う。無駄がまったくない。前作からいい進化を遂げている。

 壮大なスター・ウォーズ・サーガのほんのワン・ポイントをついばんでいるので、早く6を観たい。そしてその次は1・2・3、フォースの覚醒、クローン・ウォーズ、なんたらかんたらともう色々ありすぎ!

 わざわざ僕が言うまでもなく、絶対観た方がいいシリーズ。大興奮。


ハン・ソロって前作で死んじゃうかと思ってた度】 ★★★★★
【うわー、すげー! 度】             ★★★★★
【でもレイア姫はあまり可愛くないね度】      ★★★★★

【総合】              文句なし   ★★★★★