読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RETSUDAN SENSEIの感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【映画感想文】【洋画】 ウェス・クレイヴン/スクリーム

 昔に一度観て、ほとんど忘れていた。

 大ヒットして、九十年代にスプラッター映画を復活させたことも頷ける、素晴らしい出来栄え。

 登場人物たちは、ホラー映画のパターンを否定する。しかしそのお決まりのパターンにハマってしまったり、それによって殺されてしまう。

 一番最初なんて、犯人が、「十三日の金曜日の殺人鬼の名前は?」と問いかけ、女性は、「ジェイソンよジェイソン! 二十回も観たんだから!」と答える。しかし、十三日の金曜日のパート1は、ジェイソンでなくジェイソンの母親。最後首をチョンパされてしまうアレ。そこで間違えて殺される。

 これ以上述べるとネタバレになってしまうので……。

 あくまでもこの映画では殺人鬼は人間なので、コメディ・タッチな場面もある。というか、うーん、映画全体的にコメディ・ホラーという感じだから、怖さなんてほとんどなかった。スプラッター・ホラー映画あるあるをゲラゲラ笑って楽しむ映画。

 終盤、やたらと血みどろになるのも、とてもいい感じ。

 しかしこのウェス・クレイヴン監督、エルム街の悪夢のパート1の監督だったのね。自分でムーブメントを作り、そのシリーズでムーブメントが終わり、そしてまた自分でムーブメントを作り出した。やっぱり、九十年代と言えば、スクリームとラスト・サマーだよね。
 んで、ゼロ年代はファイナル・ディスティネーションのシリーズと、SAWシリーズ、そして駄作ばかりのリメイク、リブートだよね。あっ、ファウンド・フッテージモノも大量に作られているね。

 
【ホラー映画の主役って美人のはずだったよね度】   ★★★★★
【あ、でもある意味の主役はかなりの美人だったね度】 ★★★★★
【これ観たら最終絶叫計画が観たくなるね度】     ★★★★★

【総合】                      ★★★★★