感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【読書感想文】 西村賢太/随筆集 一私小説書きの独語

 これだけ西村賢太の書籍を読んでいると、同じような話を別のところですることがあるから、それはもう知っているよ、ということも多い。

 それでも、読ませる文章が素晴らしい。文章のおかしいところがあると指摘されたが、私は国語の教本を書いているわけではない、という一言が力強い。

 しかし、最後のあとがき集は、必要ありません。