第七レツダンの第七ブログ

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【邦ドラマ感想文】 闇金ウシジマくん Season3 完結

第一話
 面白かった。久し振りだったから、いつものテーマソングだったりお笑い要素を観て、懐かしく感じた。冒頭のキャバクラ、柄崎さん可哀相だな。
 しかし題材が、生活保護くんと洗脳くんだもんなぁ。キッツいなぁ。一話ではまだ始まったばかりで、これからどんどん堕ちて行くんだろうな。キッツいなぁ。

第二話
 別々の話を同時に流していくスタイルは、Season1から守られている一つなんだけれど、本当に関心するなぁ。そういった違いがあるからこそ、漫画を読んで内容を知っているのに、楽しく観る事が出来る。
 神堂さんとまゆみが良い感じになって、そして……。う~ん、楽しみ♪

第三話
 惨めな母娘、生活保護くん、洗脳くんの三本柱が徐々に進んでいく。しかし、生活保護くんってどういう展開だっけか?

第四話
 新堂さんがどんどん入り込んでいって、滅茶苦茶怖い! そして……。うーむ、キッツい。

第五話
 うーん、Season3は話の展開がゆっくりだなぁ。少年院から出てきたJPがどう絡んで来るのか。真由美さんはどうやって堕ちて行くのか。

第六話
 結構話が進んだね。しかし新堂さん役の俳優の演技好きだなぁ。これからどういう追い込みをしていくのか! 古瀬ちんのビジネスもいい感じだね。JPとネカフェ娘がどうなるのか?

第七話
 全九話のはずだから、もうあと二話だけなんだね。新堂さんがどんどん本領発揮していっている。古瀬ちんもいいヤツで。JPとネカフェ娘は、まあ決着着いた感じかな。

第八話
 ちょっとだけウシジマ社長出てきた。新堂さん怖い。通電シーンあり。「上原家全財産没収計画を始めます」

最終話
 やりたいことはわかるし、面白かったんだけれど、やっぱり三十分九話の尺じゃ足りない。最後の新堂さんのボコボコ顔も、まるでインプラントみたいで気持ちが悪かったし。
 新堂さんが一家に施した洗脳も尺が足りなさすぎるし、だからラストがあっけなく感じた。