RETSUDAN SENSEIの感想文

感想文をバシバシガシガシ書きます。

【漫画感想】 六月分

 RiN十三巻で完結だ! と思って買ったら、既に本棚にありました。レシート無いので返品できません。


僕たちがやりました 一巻
 古谷実氏系の話。絵も好みだしストーリーも好み。これからどうなるんだろう。そこそこを望む主人公の想いとは裏腹に、どんどん日常が壊れて行く。早く二巻が読みたい。

僕たちがやりました 二巻
 おぉ~! 物語が急展開した! やっぱり古谷実氏系統だなw これでトビオはかなり詰んだ事になるけど、これからどうなるんだろう。そして最後の首吊りシーンは誰なんだ? 伊佐美かな?

ロボニートみつお 一巻
 前作のチェリーナイツの方が好きなんだけど、まあこれはこれで良いかなと。ゆる~いニートの話。関係ないが作者のツイッターは外食ばかり。

喧嘩稼業 七巻
 後藤先生が出てきたので「おぉ!?」と思った。十兵衛の戦い方にブレが無く、いつも通り汚い。シリアスな展開に、文さんのちょっとしたギャグがいい感じのスパイス。「土以外は溶岩だからな!」って何すかw

君に届け 二十六巻
 この巻は二つの出来事が片付いた。風早と爽子の仲直り、くるみちゃんと爽子の仲直り。そして最後はあやねちんとピンがいい感じになったけど……。次巻が楽しみ。やっぱり爽子は教育大学行くのかなぁ。

HIKARI-MAN 一巻
 山本英夫氏はのぞき屋時代から大好きなので、期待して読んだ。人間が光になるという設定が面白い。ストーリーはまあ、友達はいない、力は無い、冴えないという主人公白地が爽やか好青年にいじめられる。その復讐に光になったところで一巻が終わった。続き楽しみだ。

HIKARI-MAN 二巻
 HIKARI-MANになって、調子に乗っていじめっ子たちのスマフォを壊し、復讐を達成するも、ヤバそうな先輩が登場。いじめっ子たちの集団の一人の女が、ヤバそうな先輩を倒す事を提案する。そして最後の絶望的なシーン。

RiN 十四巻(完結)
 あの流れでどうやって終わらせるのかな、と思いながら読んでたけど、結構ちゃんと綺麗に終わった。まあ、やっさんは紀人自身ってのは今更言わなくても分かったけど。それよりも作者が十代の時に書いた漫画、絵下手過ぎw

コウノドリ 一巻
 これは何となく立ち読みした雑誌に載ってて、あれ、面白いじゃん! と思ったので、買ってみた。結構グッとくる話もあって、産婦人科の事は何も知らないので、勉強にもなる。でも、コウノトリ先生のあの設定いるかぁ?

Amazon CAPTCHA

Amazon CAPTCHA

Amazon CAPTCHA

Amazon CAPTCHA

Amazon CAPTCHA

Amazon.co.jp: HIKARI-MAN(1) (ビッグコミックス) 電子書籍: 山本英夫: 本

HIKARIーMAN 2 (ビッグコミックススペシャル) | 山本 英夫 | 本 | Amazon.co.jp