読書感想ブログ

感想文をバシバシガシガシ書きます。

読書感想文 2019年1月分

堀江貴文/刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話 2019/01/04

 前作とは違い書けないことがなくなったので、内容もバラエティに富んでいてとても面白かった。
 刑務所の中とはもっと厳しいのかと思っていたが、雑談できたり映画や朝ドラが観れたりと、そこまで悪くない。
 ただ著者も言っている通り、人間関係が大変だなと。最後の対談も面白かった。満足です。


村田沙耶香/きれいなシワの作り方~淑女の思春期病 2019/01/04

 アラサー女子は大変だなぁ。とても笑わせてもらったけど、「あーわかるわー」なところもあって。
 アラサー女子あるあるがどんどん病的な方向に進んでいくのは読んでいてとても面白かった。


前川祐/クリーピー 2019/01/06

 気味の悪い隣人とのやり取りは恐ろしくて実にクリーピーだった。深夜の訪問のところを夜読んでいたんだが、実際に家のチェーンをつけに行くほど怖かった。
 そこから、「えぇ!?」「おぉ!?」と驚きの展開。ラストはまさかこうなるかと。続編すぐにポチります。


爆笑問題爆笑問題戦争論爆笑問題の日本史原論 2019/01/07

 これはいい本。漫才形式で日本の戦争がわかる。
 日清日露は笑いながら読めるが、さすがに太平洋戦争は笑えないね。日本がしたこと、日本がされたこと。


唐澤貴洋/炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか 2019/01/07

 なぜ自分がここまで炎上したかについて考えてない。テレビの台本を無視したことを誇らしげに書いているが、それって大人としてどうなの。
 自分がすべて正しい、自分は間違ってないと延々書かれているが、子どもじゃないんだから。
 弟が不良に追い詰められて自殺した話では、気づかなかった親を擁護して、自身が殺害予告された高校生の親は批判する。
 高校を辞めたのも、家にそれだけの余裕があっただけの話。温室育ちの金持ちのバカ息子の人生を読まされてもつまらない。まあ書いた本人が気持ちよければいいのかな。読む価値なし。


森達也/「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい 2019/01/10

 一気に読んだ。とてもいい本だ。読めば、氏が非国民でも反日でもお花畑でも朝鮮の手先でもないことがわかるだろう。
 氏によくないイメージを抱いている人にこそ読んでもらいたい。
 知らないままでいたほうが幸せだったと思うようなことも書いてある。読み終えて、日本のことがより好きになった。この国に生まれてよかったと思えた。


高橋源一郎文学じゃないかもしれない症候群 2019/01/12

 紹介された本のいくつかはメモしておいた。やっぱり源ちゃんの文芸時評は面白いね。
 今読んでもよくわかんないものもあったが、まあ1991年のものですから。


横溝正史/獄門島 2019/01/1

 五分の一ほどの舞台設定が過ぎれば、あとはあっという間に最後まで。
 気持ちが沈むね。出てくる人たちみんな不憫で仕方ない。罪を暴かねばならない金田一耕助も不憫だ。
 気ちがいじゃが仕方ない。今の時代では使えないな。種明かしされたときは興奮した。素晴らしい!


星野陽平/増補新版 芸能人はなぜ干されるのか 2019/01/13

 半分読んだ。この人見かけなくなったけど干されてたのか、と驚いた。 レコード大賞の話はとても面白かった。 芸能界は怖いね。

読書感想文 2018年12月分

塩田武士/罪の声 2018/12/13

 最初はとても面白くてわくわくしたけど、ちょうど真ん中あたりでもういいやってなってしまった。


東野圭吾/沈黙のパレード 2018/12/14

 まさかのシリーズ復活。 二転三転する物語は読むのが止まらなかった。 人間を描かせると本当に上手い。


高山文彦麻原彰晃の誕生 2018/12/15

 盲学校時代の松本智津夫から麻原彰晃になるまでの流れがとてもわかりやすく描かれていてとてもよかった。
 最初は平和な団体が狂気にかられていく流れは興味深く読んだ。ヨーガ教室を続けていれば、なぁ……。


横溝正史/本陣殺人事件 2018/12/21

 本陣殺人事件と車井戸はなぜ軋るを読んだが、面白いとは思ったが説明が多く読むのに疲れた。
 終盤でいろいろとすっきりするので読後感はよかったが。


我孫子武丸/殺戮にいたる病 2018/12/24

 かまいたちの夜はリメイクされるたびにやり尽くしていたが、小説は読んだことがなかった。
 これについてはタイトルはよく知っていたが、内容はさっぱりでさほど期待はしていなかった。
 読み始めたら止まらなかった。マクドナルドでひたすらずっと文字を追っていた。とても感動しました。


押川剛/「子供を殺してください」という親たち 2018/12/27

 精神障害者移送サービスを始めた氏のドキュメンタリー。
 一章のドキュメントは素晴らしい。ハッピー・エンドなんか皆無。親に追い詰められる子、子に追い詰められる親。
 二章以降は読んでない。つまんないから。


押川剛/子供の死を祈る親たち 2018/12/28

 おしっこを部屋で垂れ流して家を腐らせたり、部屋で大便をして母に片付けさせたり、部屋に日本刀を置いてたり家に立て籠もって親を追い出したり、彼氏に薬物漬けにされたり、壮絶な話が繰り広げられる。
 これが実際にあった話なのだ。 二章以降は例によって。

読書感想文 2018年11月分

有栖川有栖/月光ゲーム 2018/11/03

 初有栖川有栖の本でしたが、いやー素晴らしかった。登場人物が多くて把握できるか心配だったが、杞憂に終わった。
 火山が噴火しキャンプ地に閉じ込められた中、殺人事件が起こるというシチュエーションがたまらない。
 キャラクターも生き生きとしていて読んでいて楽しかった。 でも僕はトリックも犯人も推理できなかった。


米澤穂信インシテミル 2018/11/08

 読み始めたら止まらないクローズド・サークル物で手に汗握る展開でとても興奮しました。 文句なしです


綾辻行人十角館の殺人 2018/11/24

 ‪クローズド・ミステリを内と外から描いている。テンポよく人が死んでいく上に死に方も様々でよかった。‬ ‪終盤の展開には驚かされた。いい読書でした。‬

読書感想文 2018年10月分

大橋弘祐/サバイバル・ウェディング 2018/10/10

 Prime Readingにて。
 とても面白かった。 ファッションの薀蓄を挟みながら、婚約破棄された三十路女が結婚を目標に努力する。
 なんといっても主人公の上司である宇佐美のキャラがいい。 一気に読みました。


中場利一/リョーコ 2018/10/14

 Kindle Unlimitedにて。
 文章は相変わらず読みやすくてよかった。 ただまあ、過去に自分と付き合ってた女のことを描くってことをよくできるなと思った。
「平気で浮気はする、釣った魚にはなんとやらのチュンバのことが大好きだった、若かりし頃のアタシ。それもまあいい思い出よね」を女が書くのならまだわかるが……。いや、それもとてつもなく気持ち悪いが……。
 岸和田シリーズが好きなだけに残念。


筒井康隆時をかける少女 2018/10/15

 Kindle Unlimitedにて。
 てっきり長編かと思ってた。 どの短編もとても面白い。
 中学生に戻った気分で読んだが、とても先が気になるし一大スペクタクルの冒険が読んでいてただただ楽しかった。 もっと早くに読めばよかった。


筒井康隆/偽文士日碌

 Kindle Unlimitedにて。
 発売日に買って積んだままで、Kindle Unlimitedでようやく読んだわけだが、やっぱり他人の日記を読むのは楽しいね。 旅行、書き物、外食、テレビ、読書、文学賞のパーティが主。
知ってる作家の名前が出てきてにやり。筒井氏が絶賛する本をメモり。いいもの食べてて腹が減り。とてもよかった。


中場利一/さあ、きょうからマジメになるぞ! 2018/10/27

 Kindle Unlimitedにて。
 氏のエッセイは初めて。 映画の裏話や小説で語られなかったことが読めてとてもよかった。


高橋源一郎/還暦からの電脳事始 2018/10/29

 Kindle Unlimitedにて。
 還暦過ぎの源ちゃんがiPadを買って、デジタルの世界に入り込んでいく。
 序盤は慣れない世界に右往左往する姿が面白くて笑えて仕方がなかった。後半からは、デジタルとアナログのエッセイ。とても面白かった。第二弾が読みたい。

【読書感想文】 石田衣良/七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV 【2018年刊行】

概要

 石田衣良氏の人気シリーズ池袋ウエストゲートパークの第十四弾。

内容紹介

 常に現代を映し出す、超人気シリーズ最新刊!

 SNSで課題をクリアして「いいね」を獲得するゲームが若者に流行。次第にエスカレートする課題に「いいね」欲しさに挑み、ある者は大怪我を、ある者は命を落とすという事態に……。怪我した高校生の妹と共に卑劣なゲームの管理人をあぶりだそうとするマコトとタカシが仕掛けた大掛かりなトラップとは。

 スキャンダル一発ですべてを失う芸能人、お手軽な欲望が横行する出会いカフェ、病んだ身内をひた隠しにする親族監禁――どこか現実の事件を思わせる事件を、池袋のトラブルシューター、マコトとGボーイズを率いるキング、タカシが軽やかに解決する4篇を収録。
『七つの試練 池袋ウエストゲートパークⅩⅣ』石田衣良 | 単行本 - 文藝春秋BOOKS

感想

 二十代の若者でクラシックに詳しくネットやスマホを否定する主人公マコト、その主人公と友人の池袋のギャングを束ねるタカシのイチャイチャ、読みやすい文章で短くまとめられたお話。

 平さんは、読者のニーズにちゃんと答えて素晴らしいプロフェッショナルだなと。時代小説みたいなものなんだけれどちゃんと女性読者のことも考えて、僕みたいなアホにも読めるサクッと感。
 カラーギャングなんかもうフィクションなので抗争とかそういうのはもうやらない。なので事件の内容は現実離れせず。

 シリーズなんで、わけのわからないことはしちゃいけない。「ああ、池袋シリーズを読んでいるんだな」という安心があればよい。
 今回出てきた生意気な女子中学生が可愛いね。僕もおっさんになったから、女子中学生とか女子高生とか子どもを見ているようで微笑ましいね。
 昔出てきたキャラも再登場したり、やっぱり読者のことをよくわかってる。平さんは。

 復活以降はマコトとタカシは歳を取らなくなったのかな。


f:id:retsudansensei:20180915212034j:plain

【読書感想文】 東野圭吾/歪笑小説 【2012年刊行】

 さて、東野圭吾氏の歪笑小説の感想文です。

概要

 東野圭吾氏の◯笑小説シリーズ第四弾。これまでとは異なり、文壇関係者を描いた連作短編集となっている。

あらすじ

・伝説の男
 灸英社書籍出版部に配属された青山。ミステリ小説を出版したいという青山にとって、その職場はまさに夢の職場だった。伝説の編集者であった編集長、獅子取のもとへ挨拶へ行くと、初っ端から「スポーツは出来るか」と質問された。なぜそんなことを聞いたのか。青山は後に知ることとなる。

・夢の映像化
 新米作家、熱海圭介のデビュー作『撃鉄のポエム』が2時間ドラマ化する企画が出された。圭介は有頂天で、友人、親や親戚などに言いふらしてまわる。あの有名俳優に演じて欲しい、などと勝手な妄想を抱く圭介のもとに送られてきた企画書は、原作には全く忠実でなかった。無論圭介は怒りだし……。

序ノ口
 灸英社のゴルフコンペに無理やり参加させられてしまった唐傘ザンゲ。全く乗り気ではなかったが、灸英社編集長・獅子取にそそのかされてしまう。しかも向かう車には大物作家が同乗する。何とか切り抜けようとする唐傘だったが……。

・罪な女
 小堺の多忙さを解消するためやってきた新人編集者・川原美奈が、熱海圭介の担当となった。無論、圭介は彼女を見た瞬間から舞い上がり、彼女からのメールを嬉しく読んだり、スキップをしてしまったりと、ついうっかり感情をあらわにしてしまう。

・最終候補
 突然、新部署へと移動になった石橋賢一は、衝動的に小説を買ってしまう。しかしその小説で自分で書くことを思いついた石橋は、登場人物を決め、構成を練り、念入りに書き始める。会社や妻からも不振がられるが、ついに完成した小説を文学賞へ応募した。数日後、出版社から最終候補の見込みがある。という電話がかかってきて……。

・小説誌
 編集者、神田の息子ら中学生が、週刊誌『小説灸英』の編集部へと見学に来た。彼らの面倒役を押し付けられた青山は、しぶしぶと案内していく。だが、青山に待っていたのは、彼らからの壮絶な質問攻めだった。何とか解答していく青山。だが、だんだん質問がエスカレートして行く。

・天敵
 唐傘ザンゲの恋人・元子は唐傘の小説の世界一のファンだと自称していた。しかし編集者の小堺にとって、元子は唐傘の小説に口出しするマネージャー気取りでしかなかった。編集長の獅子取までが一番やりづらいタイプ、とまで評する元子と小堺。2人の思いが交錯する。

文学賞設立
 灸英社によって、『天川井太郎賞』という新たな文学賞設立の話が持ち上がった。その文学賞は、独自の視点でエンターテイメントの優秀な作品をたたえるというものだった。だが、敵対している出版社などからは『天井賞』『天丼賞』などと馬鹿にされていた。そんな中、候補作が選ばれたが……。

・ミステリ特集
 『週刊灸英』でミステリ特集を組むことになった。10人の作家に、さまざまなジャンルのミステリを書いてもらう、というまさに十人十色の特集だった。だが、肝心なところで1人の作家が倒れてしまう。ピンチヒッターとして選ばれたのが、まさかの熱海圭介だった。ミステリの書き方を一から学ぶほどの圭介だが……。

・引退発表
 これが最後とまで言われていた賞を逃し、すっかり筆を下ろしてしまった寒川心五郎。しかし自分にきりをつけたいと、編集者の神田を家に呼び寄せ、引退を宣言する。もはや寒川は書かないと思っていた神田は、正式な引退など作家には無いと思っていた。だが寒川は、記者会見を開くなどと口走る。

・戦略
 売れない作家・熱海圭介に、チャンスがやってきた。編集長の獅子取が圭介の小説の妙な味に目をつけたというのだ。獅子取はここぞとばかりに新刊の出来をチャックし、圭介自身にもスタイルの変化を要求する。戦略はどんどん続いていった。ついに発売日となったが、果たしてチャンスはまわってくるのだろうか。

・職業、小説家
 唐傘と元子が、ついに結婚を考え始めた。元子の父は、全く小説を読まない人物だったが、娘の結婚相手が小説家であったことを知り、大いに悩む。現在の唐傘の年収は約400万程度だからだ。それでまともに生活していけるのか。そんなときに、元子が唐傘のマネージャー役として、退職すると言い出したのだ。さらに悩みが深まった父は……。

・巻末広告
 この短編集に出てくる作品、または関連する作品が書かれている。あくまでジョークであり、作者自身によって書かれた。

歪笑小説 - Wikipedia

感想

 大満足でした。読み切るのに一日もかからなかった。
 普段僕たちが見ることのできない文壇という特殊な世界でのドタバタ劇。あくまでもフィクションではあるが、とても興味深い世界だなと。
 ハードボイルドもどきの臭い小説撃鉄のポエムとか虚無僧探偵ゾフィーとか実際に読んでみたい。
 巻末広告の作者の力の入れようには笑ってしまった。
 基本的にはげらげら笑えるが、序ノ口とか職業、小説家みたいないい話もあって読み応えはたっぷり。でも、小説誌とかかなり喧嘩売ってるよなぁ……。


f:id:retsudansensei:20180914200426j:plain
 

【読書感想文】 東野圭吾/あの頃の誰か 【2011年刊行】

【概要】

 東野圭吾氏の短編集第三弾。収録作品はバブル時に書いたもので、単行本未収録。あとがきによると「わけあり物件」。


【内容紹介】 (文庫本裏表紙引用)

 メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。
 あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に躍っていました。時が経ち、歳を取った今こそ振り返ってみませんか。
 東野圭吾が多彩な技巧を駆使して描く、あなただったかもしれれない誰かの物語。
 名作『秘密』の原型となった「さよなら『お父さん』」ほか全8篇収録。


【感想】

 シャレードがいっぱいは、確かに時代を感じさせる。しかし遺言状を巡る展開はとてもスリリングで面白い。
 レイコと玲子は、弁護士の主人公が記憶喪失の女の子を助け……というもの。期待していた落ちとは違っていて若干肩透かしを食らった。
 再生魔術の女は、子宝に恵まれなかった夫婦が養子を迎えようとする。怖いね~、執念というか。
 さよなら『お父さん』は、秘密の原型になったもの。秘密は読んだけど全然覚えてなかったので普通に楽しめた。落ちは切ないね。
 名探偵退場は、科学捜査により昔のようなロマンあふれる事件が起きなくなったと嘆く老探偵の元に、ロマンあふれる依頼が。笑った。
 眠りたい死にたくないは、短くてサクッとしていていいね。でもまあ別に特筆すべき点はない。
 二十年目の約束は、プロポーズの際に「子どもは作らない」約束を交わした夫婦。それには理由があって……。タイトル通りで。悔やんでも悔やんでも、時間が戻ることはないんだよなぁ。

 ざっと感想を述べてみたが、相変わらずとてもおもしろい。東野圭吾作品はクオリティに落差がないよねえ。安心して読めるね。
 短編もいいんです。


f:id:retsudansensei:20180913185949j:plain